SEIKOについて

〜日本にはいい時計がある〜
1950年代、世界的に知名度を上げることを目的に、セイコーはスイス天文台クロノメーター・コンクールへの参加を開始。やがて高い評価を獲得するようになり、その技術力の高さを世界に示すことに成功します。そして1968年、国産ウォッチ史上初めて、国際クロノメーター委員会に公認された日本クロノメーター協会により、高精度の証「クロノメーター」の公式認定を受けることとなります。現在ではグランドセイコーに代表される高精度時計はもちろん、大人のエレガンス漂うドルチェ&エクセリーヌ、フェミニンなかわいさが魅力のルキアなど、正確に時を刻むという時計としての本質はそのままに、様々なテイストの時計をリリースしています。

 

商品を見る